福井で「緑の庭の子どもたち」原画展 宮下奈都さんの連載エッセー挿絵50点

福井市の書店「じっぷじっぷ 文京店」(福井市文京2、TEL 0776-25-0516)で4月21日、「緑の庭の子どもたち おまりイラスト原画展」が始まる。

福井県勝山市在住のイラストレーター森石おまりさんによる展覧会。福井市在住の作家・宮下奈都さんのエッセー集「緑の庭で寝ころんで」の基となった、福井新聞折り込み情報誌「月刊fu(ふう)」連載エッセー「緑の庭の子どもたち」約4年分の挿絵を展示する。

同店2階に顔料ペンや色鉛筆などの画材で描いたイラスト約50点を展示する。「編集者を介して送られてきた宮下さんの原稿を基に2~3日掛けてイラスト案を練る。エッセーのネタバレにならないよう配慮するが、ポイントを外すさじ加減が難しい」と話す。

「届いた原稿を読んで、ひと泣きしてから制作に取り掛かる」とも。「私にとって宮下さんは『泣かせの名人』。短いエッセーにもどこか1カ所は泣いてしまう一節があり、本人に伝えると『その一節で泣くとは』と不思議がられることもある」と笑顔を見せる。

エッセーは宮下さんの子どもをテーマにした内容で、森石さんは「宮下さんに初めてイラストを見てもらった時、『似顔絵でなく森石さんがイメージする宮下家の子どもを描いてもらえれば』と言われて伸び伸び描く勇気が出た。会場には『fu』誌面も置く予定で、来場者の方と一緒に楽しくエッセーの話をできれば」と話す。

開催時間は、月曜~土曜=10時~20時、日曜・祝日=13時~19時。入場無料。4月30日まで。

(記事は福井経済新聞提供)

じっぷじっぷ文京店

この記事を書いた人

GEISEN.art

GEISEN.art(芸術専門楽群)

福井県福井市を拠点に、独自の視点でおすすめカルチャー情報を発信するプロジェクト。アートや演劇を中心に、講演、セミナー、子ども向け&親子向けイベントなどジャンルを限定せずお届けします。