【レビュー】橿尾 正次の世界展-立体紙とコラグラフー

カウンターの向こうに飾られている作品は、橿尾正次(かしおまさじ)さんによる実験的な銅板画。10年前に制作した1点ものだという。「学生たちと一緒に順番にプレス機を使ったので枚数を多く刷れなかったこともあって。そのかわりどんなことができるかな、どんなふうにしようかな、と毎日考えながら過ごしていてね」と橿尾さんはゆっくり話し始めた。

初公開の銅版画は、オーストリアのGERAS修道院芸術教育センターで制作した。副題にある「コラグラフ」とは化学薬品を使わない銅版画の技法の一つ。京都精華大学版画分野の学生たちがコラグラフの夏期海外ワークショップに参加すると聞いて、橿尾さんも志願して渡欧。現地では同大教授で版画家の長岡国人さんの手ほどきを受けた。

アルミ板を切り抜いて形をいくつも作ったり、板をひっかいて傷をつけたりしてエッチングプレス機で刷るという、至ってシンプルな版画制作だったという。技法を身に付けるというよりも「何を作るか」に気持ちが向いた橿尾さん。
「海外でワークショップに参加し、とても小さな町の修道院という場所で西洋の版画用の紙を使い、自宅ではできない大型の作品を作る」という非日常の中での制作。「1~2点しかできないので実験的な意味合いが僕の中にあった」と振り返る。

机の上にあるのがアルミ板を切り抜いて作った版。奥の壁に掛けられた2つの円の作品はこの版を使用した。

“実験的”という発言にあるように、新鮮さが作品に現れたのだろう。5点並んだ中にある2つの円の作品は「あまり僕らしくない色とかたちなんだけど、僕の持ち味を外してもいないもの」ができた」。円の両脇にある作品はどれも抽象的な形で、これまでの橿尾作品に親しみのある鑑賞者からは「橿尾さんらしい」という声が寄せられた。

「20年ほど前の作品も並べてみたんだよ。自宅で作るからこの大きさが精いっぱいだった」と樫尾さん。
円の版画の対極の空間に赤い円の立体作品をぶら下げていた。風でくるくる回る作品をサライのオーナー松村せつさんは「いつ見てもかわいらしい」と目を細める。
壁には和紙を貼った大きな作品も。有機的で、動物でも植物にも見える。「何に見えるのか」を鑑賞者に委ねる橿尾作品。

1970~90年代に国内外問わず出かけ、そして今も現役で発表を続ける橿尾さん。「どんな表現になるかな」と学びの意欲を忘れず学生たちとワークショップに参加する。自分の持ち味と向かいあい、場があれば海外へ。色とかたちを作り続けたあの頃の自分、というべき昔の版画作品も同時に展示してあった。橿尾作品の新旧の比較を楽しむ場でもあった。

橿尾 正次 (かしお まさじ)の世界展 -立体紙とコラグラフー
会期 2018年7月1日(日)~7月31日(火)
ギャラリー喫茶「サライ」
http://mike.co.jp/sarai/201807.html

作家紹介ビデオ:橿尾さん自身が本展について語る動画あり
サライのホームページを管理するYokohama Mikeさんの制作
https://www.youtube.com/watch?v=QU3NG8LY8K8

この記事を書いた人

SAITO Riko

SAITO Riko(齊藤理子)

幼い頃から絵が好き、漫画好き、デザイン好き。描く以外の選択肢で美術に携わる道を模索し、企画立案・運営・批評の世界があることを知る。現代美術に興味を持ち、同時代を生きる作家との交流を図る。といっても現代に限らず古典、遺跡、建築など広く浅くかじってしまう美術ヲタク。気になる展覧会や作家が入れば国内外問わずに出かけてしまう。